デジタルギフト

デジタルギフトを来店促進につなげるための方法とは?

デジタルギフトを来店促進のために利用している企業が増えています。企業は、キャンペーンやインセンティブに利用したりするほか、顧客同士のギフトのやり取りを通じて、来店促進につなげることができます。今回は、企業の事例を取りあげながらその活用方法を紹介します。

デジタルギフトを利用している事例

デジタルギフトは年々市場が拡大しており、さまざまな企業がデジタルギフトを企業戦略に利用しています。ではどのような企業がデジタルギフトを利用し、またどのような形で利用されているのでしょうか。

大手コーヒーチェーン店では、ドリンクを飲むことができるデジタルギフトを出品することで、顧客の来店に繋げています。利用者はデジタルギフトを、LINEやフェイスブックでつながっている友人にオンラインで贈ることが可能です。単価も安いため「ありがとう」「おめでとう」「お疲れ様」などのメッセージをする際に一緒に贈ることができ、ちょっとしたお礼に利用されています。

大手コンビニチェーンのローソンでもデジタルギフトが利用されています。特定のシーンに限定することなく、友人や恋人、同僚などに気軽にプレゼントを贈ることができます。100種類のカードから選ぶことができ、カードにメッセージをつけてギフトを贈ります。送り方もメール、LINE、Twitter、Facebookなどさまざまなツールを扱うことが可能です。デジタルギフトを受け取った相手は、まずローソンの店舗へ行き、取得したQRコードを店舗端末にかざすとレシートのクーポン券を入手できます。あとは、商品と一緒にクーポン券を持ってレジへ行けば完了です。店舗数が多くどこにでもあるコンビニだからこそ、手軽に利用することができます。

来店促進のためにデジタルギフトを活用する

デジタルギフトは、企業や店舗が、来店促進キャンペーンを効率的に導入することができるツールでもあります。デジタルギフトを利用してどのような方法で来店を促すことができるのでしょうか。

デジタルギフトを利用したキャンペーン

新商品のサンプルを道で配布するには、人件費がかかり、また対面できる人数に限りがありました。一方、デジタルギフトを使って配布することができれば、時間や場所に関係なく、より多くの見込み客に配布することができるようになり、実店舗への誘導が可能になります。また、商品の送料、管理料などのコスト削減も見込めるため、多くの企業がデジタルギフトを利用したキャンペーンを行っています。

デジタルギフトをインセンティブに利用する

デジタルギフトは、ログイン回数、来店回数、商品購入などに応じた、お礼としてのノベルティとして利用することができます。今まで把握しきれていなかった顧客の行動を知ることができるほか、簡単にノベルティとしてギフトを贈ることができるようになります。従来であればノベルティの保管場所や管理料が企業の負担になっていましたが、デジタルギフトを活用することでコスト削減にもつなげられます。

企業にとってのメリット

モバイルクーポンは利用者の面でもメリットがありますが、企業にとっても大きなメリットがあります。モバイルクーポンは比較的手軽で低価格なものから用意ができることから、社内で利用することはもちろん、顧客の新規獲得につなげられます。

新しい顧客の発掘

顧客同士でモバイルクーポンを利用するシーンが生まれることから、顧客の来店促進となり、新規顧客獲得へつながる特徴があります。このほかデジタルギフトを受け取った顧客が来店することでほかの商品の購入に至ることもあり、これによっても新規顧客獲得のチャンスが大きく増えます。

顧客の情報を得る

従来の金券やカードでは把握することが難しかった購入者や来店者の情報を、デジタルギフトにすることで顧客の行動を把握することが可能になります。これらの情報をキャンペーンやインセンティブに利用し、新たに購買意欲をわかせることが可能になります。

社内の福利厚生に利用

少額から利用できるデジタルギフトでは、企業の福利厚生として利用することも可能です。仮に仕事の成果報酬として多額の報酬が難しかった場合でも、モバイルクーポンという目に見える形で日々の成果を評価することができれば、社員のモチベーションアップにつながります。

デジタルギフトを活用することでコスト削減につながるほか、顧客の来店促進につなげられるとがわかりました。来店の促進ができるということは、既存顧客だけでなく新規顧客の獲得にも繋がり、企業にとっていかにデジタルギフトが多くの利益を生むのかが理解できたのではないでしょうか。デジタルギフト市場が今後ますます拡大する中、企業はさまざまな方法でデジタルギフトを活用することが求められているのです。

当社では、ソーシャルギフト(デジタルギフト)のくわしい資料をご用意しています。また、ご不明なことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

参考:

カードをそえて、メール・SNSでギフトが贈れる|cotoco

市場拡大を続けるソーシャルギフト|eccLab