コラム

2022年の新年挨拶はeギフトで送りませんか?

■毎年が楽しみになる年賀状の送り方

年末の繁忙時期、印刷業者への発注、宛先確認など何かと準備することが多くなります。 そんな悩みを簡単に解決してくれるサービスがBiz cotocoで叶えられます。 個人向けはもちろん、法人向けにも自社ロゴや自社商品をこっそりアピールすることも出来る、 発送側と受け取る側のメリットが満載な「デジタルギフト」をご提案いたします。

今年は年賀状やお年玉としてをeギフトで送ってみませんか?

新年挨拶でeギフトを送る4つのメリット

  • eギフト付きのメッセージを送ることで、好印象を与える
  • 100円から選べる様々な商品のラインナップ
  • 住所がわからなくても、メールやLINEなどで簡単に送れる
  • eギフト付きのメッセージなら開封率が80%以上

日頃のビジネス上でのやり取りもeギフト付き年賀状なら、お客様との距離も縮まります。 受取った側も思わず嬉しくなる、新年早々のお年玉。今後のビジネスもこれでスムーズになります!

デジタル化を一足先にはじめませんか?

法人向けのデジタルギフトなら郵送代/在庫管理/発送業務の負担が減るので、時間とコストの削減にも繋がります。また、既存のハガキやメッセージカードより開封率も高いので、会社のロゴや商品を画像にすれば会社のPRにもなります。


eギフトを受け取ったお客様からの反応

  • メールで届くので、いつでも確認ができる
  • 郵便ポストからハガキを取り出す必要がない
  • メッセージカードを紛失する恐れがない
  • 小さいプレゼントがついているので、企業への思いが変わる

ただ単にいつもの紙の年賀状を受け取るよりも「eギフト付き」の挨拶をもらう方が数段に嬉しかったという声もたくさん頂いております。

企業のコストカットなどで、昨今、年賀状が割愛されてしまうのは少し寂しい感じがします。 こんな時だからこそ、eギフトを受け取った側がちょっと嬉しい気持ちになれる、

cotocoは新たなコミュニケーションとして、デジタルギフト付き年賀状を提案していきます。

eギフトは、もらった人も贈った人も気持ちが温かくなる、そんなサービスです。当社では、ソーシャルギフト(デジタルギフト)の詳しい資料をご用意しています。

また、ご不明なことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。