忙しいあなたには、メルマガ登録がオススメ!
ソーシャルギフトの活用方法やキャンペーン情報をゲット!

効果的な集客や販促の情報を配信中

デジタルギフトを福利厚生として活用してみましょう。デジタルギフトはちょっとしたギフトにメッセージとイメージを添えて簡単にプレゼントができる便利なツールです。会社からのねぎらいや激励の言葉と一緒にギフトを贈ることで従業員の会社へのロイヤリティやモチベーションアップに役立てることができます。ただし、デジタルギフトを福利厚生ツールとして活用するには、どんなギフトをどんなタイミングで送るのかが大切です。今回は、福利厚生ツールとしてのデジタルギフト活用方法をシーン別にご紹介いたします。 

デジタルギフトを送るタイミングとギフトの種類

入社1か月後

新入社員にとって入社直後は、慣れない環境に置かれるため、過度にストレスがかかるものです。そんな時に、ちょっとしたものでもメッセージの添えられた贈り物を会社から受け取れば、会社の一員として認められたと感じてもらうことができるでしょう。 入社直後に退職してしまう人材は一定数存在しますので、会社の一員であることを実感し、仕事を続けてもらうためにデジタルギフトは有効な手段と言えるでしょう。

オススメのデジタルギフト:コーヒー、スイーツ

業務の節目

例えば一つのプロジェクトが完了したタイミングや大きな案件を受注した際などに労をねぎらう意味で、デジタルギフトを送ってみましょう。従業員がちょっと一息ついて、次の業務に臨むための活力を生み出すきっかけを演出できます。

オススメのデジタルギフト:デリバリーピザ、リラクゼーション 

社員大会・表彰の副賞

目標を達成したり、事業に大きく貢献した社員に対して社員大会などで表彰を行うこともあるでしょう。 この表彰の副賞としてデジタルギフトを活用するのはいかがでしょうか。 実物の賞品を用意するのもよいですが、表彰対象者が多くなると賞品の仕入れや管理が大変です。しかし、デジタルギフトはURLで管理できるので仕入れや管理がとても楽になります。さらに、削減できた管理コストをギフトそのものに投入できれば、受け取る従業員にとってより良い贈り物が用意できます。

オススメのデジタルギフト:カタログギフト、リラクゼーション、コーヒーセット券 

社員の誕生日

社員の誕生日にモバイルギフトを送るのも良い方法です。例えば、 誕生日に企業の代表からメッセージつきギフトを贈れば会社に対するロイヤリティを向上することができます。 もし、誕生日ごとに送るのが手間であれば、 例えば4月に誕生日を迎える社員に対して4月中にまとめてギフトを贈っても良いかもしれません。

オススメのデジタルギフト:コーヒーセット券、アマゾンギフト券

企業の節目

全社的な目標を達成したり、新たな目標を設定した時など、企業にとって節目になるタイミングに社長のメッセージ入りで全従業員へモバイルギフトを贈るのも良い方法です。粗品やノベルティは仕入れや配布も大変ですし、メッセージカードを添える作業にも手間がかかります。モバイルギフトを使えば、ギフトに社長の写真と力強いメッセージを添えて贈ることが簡単にできます。社員に対して社長のビジョンを手っ取り早く効率的に届けるためにモバイルギフトはもってこいです。

クリスマス

ギフトを贈るタイミングに迷っているなら、クリスマスはギフトを送るのには良いタイミングです。 社員に対して一括でデジタルギフトを贈ることができるので、事務作業も最小限で済みます。

オススメのデジタルギフト:コーヒーとスイーツのセット券、アイスクリーム券

退職日

社員の退職日には、ぜひデジタルギフトを贈ってみてください。最近では、人材確保のため、一度退職した社員を再雇用することが増えています。 退職者に、また戻ってきても良い会社だと感じてもらうことはとても大切です。 また退職者は会社の顧客になる可能性もあるので、会社に対する印象を少しでも良くしようと努力することは 巡り巡って会社のイメージアップにもつながります。労をねぎらい良い関係を継続するため、少額から選択できるデジタルギフトを活用してみましょう。

オススメのデジタルギフト:アマゾンギフト券、コンビニの金券

デジタルギフトを用いた福利厚生の裏ワザ

デジタルギフトを使って、社員の会社へのロイヤリティを確認する方法をご紹介しましょう。デジタルギフトは受け取った社員がギフトURLを開いたかどうか、いわゆる開封状況を計測することができます。例えば、何度ギフトを贈っても開封しない社員は会社への興味を失っている可能性があります。こういった社員を抽出し、個別に面談などでフォローすることにより、モチベーションのアップや退職を未然に防ぐなどの手を打つことができます。
 リアルなギフトでは、開封などのデータを取ることは難しいですが、デジタルギフトを利用することにより、社員のフォローアップのために有用なデータを得ることができるのです。 

デジタルギフトの経理処理

社員へ送ったデジタルギフトの経理処理はどうしたらよいのでしょうか。
ほとんどの場合、給与課税しなくてはならないことが多いようです。 くわしくは、事例に応じて経理担当者や税理士などに処理方法を確認するとよいでしょう。 

まとめ

デジタルギフトは様々なシーンで福利厚生ツールとして活用できます。 社員へのプレゼントというとコストや手間がかかると感じますが、 モバイルギフトを活用することにより、効率的にプレゼントを贈ることができます。
人材採用、人材確保が大変な時代になりました。 社員のロイヤリティアップ、モチベーションアップに福利厚生をうまく活用したいと考えている企業は多いことでしょう。 デジタルギフトを用いた福利厚生施策の導入はとても簡単ですので、みなさんの会社でも福利厚生制度の一環として活用してみてはいかがでしょうか。

当社では、ソーシャルギフト(デジタルギフト)のくわしい資料をご用意しています。また、ご不明なことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求 お問い合わせ

著者プロフィール

著者アイコン
cotoco編集部