忙しいあなたには、メルマガ登録がオススメ!
ソーシャルギフトの活用方法やキャンペーン情報をゲット!

効果的な集客や販促の情報を配信中

最近、スマホで使える「デジタルチケット」と「電子ギフト」を利用する人が増えています。「イベント会場の入場手続きが簡単」「スマートフォンからスマートフォンへ手軽に送れる」など、新しいチケットやプレゼントの形として話題を集めているようです。また、デジタルチケットと電子ギフトの用途も、早いペースで進化し続けているのです。

今回は、

  • そもそもデジタルチケット・電子ギフトとは一体何か?
  • 電子ギフトのメリットとは?
  • 電子ギフトの今後の可能性とは?

のテーマから、電子ギフトの魅力と今後の可能性に迫ります。

オンラインとオフラインを結ぶ電子ギフト

デジタルチケットとは?

「デジタルチケット」と「電子ギフト」、名前だけ聞くと同じように思えますが、少し用途が違います。デジタルチケットは、紙チケットの代わりにスマートフォンやタブレットなどを用いてコンサートなどのイベント会場へ入場できるチケットのことです。

デジタルチケットは主に「チケットボード会員証」 「コードチケット」の2つのタイプがあります。チケットボード会員証は、入場の時に読み取り機にスマートフォンをかざすだけでスムーズに入場ができるサービスです。コードチケットは、QRコードチケットを使って入場できるサービスです。主におサイフケータイ(FeliCa)に未対応の機種向けのiPhoneで多く使われているようです。

どちらにしても「チケットをなくした!」「忘れた!」といったトラブルや、入場の行列を回避できるというメリットがあります。

ただし、インターネットの接続が不安定だと使いにくくなることも。ダウンロードはあらかじめ電波の良いところでしておく、前もって画面に表示させておく、もしもの場合はすみやかに会場スタッフに申し出るなど、対策は頭に置いておいた方が良いでしょう。

電子ギフトとは?

一方、電子ギフトは、「ギフトカードとして贈る、もらう(使う)」「発行元企業や店舗の買い物券として利用する」「決済用プリペイドカードとして利用する」など、その利用方法は提供する側の企業によってさまざまです。

利用場所は、オンラインゲームやネットショッピングなどが主体でしたが、最近では店頭でのショッピングなどリアルでも使えるようになりました。「デジタルチケット」と「電子ギフト」には、スマートフォンなどの端末で気軽に利用できるという共通点の上で、このように用途が違います。

電子ギフトは「オンライン=インターネット・バーチャル」「オフライン=現実世界(実店舗)」の2つを往来する購買活動が可能です。例えば、こんな流れが考えられます。

  1. 新商品がもらえる電子ギフトをインターネット(オンライン)上で発信する
  2. 興味を持った人が実店舗(オフライン)に足を運び、電子ギフトを使用して商品を購入する
  3. 商品や店舗を知ることでファンになった消費者がリピーターとなる
  4. 新規顧客が増える

といった、役割を果たすことができるのが電子ギフトの特徴といえます。

拡大する電子ギフト市場

こうしたインターネットで実店舗の販売促進ができることから、現代ならではの新しいマーケティング方法として活用する企業が増えてきました。

日本国内の実店舗では、現在消費者が約110兆円の購入をしていると言われています。その約110兆円の購入のうち、電子ギフトを含む「インターネットからの情報で実店舗に足を運んだ消費者」による購入は、約22兆円であるという情報もあります。

もちろんこの数字は、インターネット情報全般の数字で電子ギフトだけが活躍しているわけではありません。しかし、オンラインとオフラインをつなぐツールの1つとして、電子ギフトは現在企業側にも消費者側にも広がっています。

電子ギフトを導入する企業のメリットと活用方法

企業側にも消費者側にも便利さと手軽さから人気が上がり、普及が広がりつつある電子ギフトですが、企業が電子ギフトサービスを導入するとどのようなメリットが得られるのでしょうか?

企業により電子ギフトサービスを導入する目的や用途は変わってきますが、例えば代表的なメリットをあげてみましょう。

  • 個人情報や顧客状況を管理がしやすい
  • 紙チケットと比べ、送料・印刷費用などがかからないことからコストを抑えられる

 

また、

  • 気軽に景品贈呈や懸賞キャンペーンなどが行える
  • 提供企業の電子ギフトは、提供企業が持つ店舗やECサイトで利用する

といった特徴により、新規顧客の拡大や既存の顧客の再来店につなげることができるため、企業の販促に大きく活用できるでしょう。

電子ギフトの可能性

こうしたメリットも大きいため、続々と企業の電子ギフト導入が加速しています。では、こうした電子ギフトは、今後どのような可能性を秘めているのでしょうか?

消費者側は、電子ギフトを携帯電話から携帯電話へプレゼントできることから、贈る方はプレゼント選びに迷ったり失敗したりすることがなく、受け取り側に好きな品物を手に入れてもらうことができます。

こうしたことから

  • ちょっとした気持ちを表したいとき
  • 物をわざわざ届けるのは大げさになってしまう状況のとき
  • 義理を通したいけど物を贈るとかえって恐縮されるかもしれないとき

などにも電子ギフトを気軽に贈ることができるので、より良い交友関係を築ける未来があるでしょう。

企業側は、電子ギフトサービスを導入することで、まだ来店したことない新規客を呼び込むことができます。もし気に入ってもらえれば、リピーター顧客が増え、周りに宣伝してくれるなど、企業が発展していく未来があることでしょう。

さらなる進化を遂げる電子ギフト

こうした電子ギフトを上手に活用することで、企業は顧客の層も幅も広げることができます。電子ギフトは、まだまださらなる進化を遂げることでしょう。今後もオンラインでの取引や交流が増えることを考えれば、電子ギフトは顧客を獲得するWebマーケティング上で欠かせない存在になる可能性があります。

もしまだ、電子ギフトを上手に活用できていないと感じるようでしたら、イベントや景品・懸賞などといった方法で活用してみるのはいかがでしょうか。思っていたよりも簡単に固定ファンを増やせるかもしれません。

著者プロフィール

著者アイコン
cotoco編集部