忙しいあなたには、メルマガ登録がオススメ!
ソーシャルギフトの活用方法やキャンペーン情報をゲット!

効果的な集客や販促の情報を配信中

あなたは急な決定でキャンペーンを担当する事となってしまいました。しかも準備期間は1ヶ月を切っており、予算はあまりありません。さてキャンペーン担当者としてスムーズに簡単に、しかも最大の効果を得る為にはどうすれば良いのでしょうか?準備はスケジュールに間に合うのでしょうか?予算は足りるのでしょうか?配送はどうすれば良いのでしょうか?ユーザー情報の管理はどうすれば良いのでしょうか?支払いはどうすれば良いのでしょうか?

そんな時に役に立つ、電子チケットを使った簡単キャンペーンの実施手順をご紹介いたします。

まずはスケジュール

プレゼントキャンペーン、ユーザーアンケート、サンプリングなどの各キャンペーンを、コストを削減しつつ、ユーザー管理も容易にし、そして短い準備期間で簡単に実施する方法はないでしょうか?その答えの1つは電子チケットを使ったキャンペーンになります。まずは、電子チケットを景品として使ったユーザーアンケートを実施する場合のスケジュールを見てみましょう!

 電子チケットを使った簡単なキャンペーンを実施する場合、ソーシャルギフト会社を使ってみましょう。ソーシャルギフトの提供会社はいくつかありますが、各社のサービスを確認したところ、スケジュールに関わってくるのが、審査と納期の2点になります。まず、キャンペーンで使用したい景品の保有会社にキャンペーン内容の審査をしてもらう必要があります。また審査後の申込書提出からデジタルチケットの納品まで数日かかるようです。ですから、キャンペーンの審査と納品それぞれに各5営業日、合計で10営業日程度かかることを想定しておくべきでしょう。

ただ、提供会社によってはこの期間をもう少し短くする事が可能な場合があるようですので、皆様で確認をしてみてください。 

次は景品決定と費用

どうやらスケジュールは間に合いそうです。それでは次に気になる景品と費用はどうなるでしょうか?まずは電子チケットの景品を決める必要があります。基本的にはメール等で電子チケットを受け取ったユーザーがお店に行って景品を受け取る方法と、受け取ったチケット金額分をオンラインサービス上で使用する方法の2つがあります。今回はアンケート回答者へのプレゼントとして、後者となるAmazon Gift Card(オンラインコード)を選ぶことにしました。

費用に関しては各社で違いがありますが、基本的には以下の通りとなります。

費用総額=商品金額(商品単価×購入件数)+発行手数料(商品金額× * %)

*発行手数料のパーセンテージは各社により変わります。

最後に納品

スケジュールも費用も問題がない事が分かったところで、最後に納品関連を確認してみましょう。

審査に無事通過し、申込書も納品日の5営業日前に提出を完了しました。あとは納品日を待つだけです。納品日には発注した商品本数分のコードがCSVファイルもしくはExcelファイルにてメールで納品されます。

あとは景品を送付すべきユーザーのメールアドレス宛に景品となるユニークなテキストコード1行をペーストするだけです。ユーザー管理は基本的にはメールアドレスのみ。メール送付で景品配送が完了するので、配送料がかかりません。 

景品の調達はどこから?

さて、最後になりますが、どのソーシャルギフト会社を選ぶべきでしょうか?当然、使用したい景品がある会社を選ぶのが最優先となります。また複数の会社で取り扱いがある商品を使用するなら、単純に手数料が安い会社を選ぶことをお勧めします。

Buisness cotocoのご紹介

最後に弊社サービスのご紹介です。Business cotocoの手数料は業界最安値となっています。Amazon Gift Cardの取り扱いも現時点(2017年10月)では弊社のみとなっております。また、審査や納品までの期日に関しても極力お客様のご意向を反映いたします。是非1度弊社にご相談ください。

著者プロフィール

著者アイコン
cotoco編集部