忙しいあなたには、メルマガ登録がオススメ!
ソーシャルギフトの活用方法やキャンペーン情報をゲット!

効果的な集客や販促の情報を配信中

電子ギフトは、欧米ではすでに多くの企業で取り扱われています。日本はまだまだ商品券が利用されていますが、年々電子ギフトの利用者も増えています。電子ギフトとはどういった商品で、どういったことに利用されているのでしょうか。また、電子ギフトを導入することで企業側にどういったメリットがあるのでしょうか。

電子ギフトとは

オンラインゲームやネットショッピングなどオンラインでの利用が普及している電子ギフト。しかし、バーチャルでのやり取りだけではなく、最近では店頭でのショッピングの際にも利用できるなど、その利用の幅は広がってきています。電子ギフトを利用する企業のさまざまな取り組みについてご紹介します。

どのような場面で利用されるのか

実際、電子ギフトはどのような場面で利用されているのでしょうか。「自社ブランドのお買い物券として利用する」「ギフトカードや決済用プリペイドカードとして利用する」などその利用方法は企業によってさまざまです。

例えば自社ブランドの電子マネーは、自社の持つ店舗やネットで利用することができるため、新規顧客の拡大につなげられる利点があります。またギフトカードは、受け取った側がギフトカードを利用して好きなものを購入することができるため、送り手と受け取り手のミスマッチをなくすことができます。決済用プリペイドカードは、キャンペーン時に少額をチャージしたものをギフトカードとして配布したり、アンケート回答の景品や携帯電話の乗り換え時に景品としてプレゼントしたりするのに利用されています。

電子ギフトの特徴

さまざまな場面で利用されている電子ギフトですが、電子ギフトはキャッシュレスの取引であるため、未成年の子供や利用に慣れていないお年寄りも、簡単に利用できるメリットがあります。

電子ギフトの役割、企業が導入することについて

企業が電子ギフトを導入することで、どのような効果を得ることができるのでしょうか。

企業側は電子ギフトをキャンペーンやアンケートの謝礼、インセンティブやノベルティとして利用することで販売促進につなげています。うまく電子ギフトを取り入れ、そのメリットを生かせるようにしたいものです。

新規顧客の拡大

電子ギフトを利用することで、上記に紹介したような、謝礼や景品など多数のキャンペーンを打つことが容易にできるようになります。そのため、コストや手間をかけずに、新規顧客の獲得ができる特徴があります。また、新規顧客の拡大だけでなく、売り上げに応じたインセンティブを付与したり、電子ギフトの内容を変更することで、既存顧客の再来店に役立てることも可能です。

コスト削減

紙のギフトカードと違って、電子ギフトは簡単にメールやアプリで配信することができるため、印刷代や広告代、送料などの費用が一切かかりません。これだけでも大幅のコスト削減が可能になるでしょう。

会社が電子ギフトを導入するメリット

会社が電子ギフトを導入するとどのようなメリットや効果が得られるのでしょうか。それらを知ったうえで、それぞれの会社に合った方法で、電子ギフトを導入するとよいでしょう。

顧客情報の分析 

商品券ではなく、電子ギフトを活用することで、商品券を使っていた際に問題となっていた顧客情報の管理がスムーズに行えるようになります。従来の紙のスタンプカードでは顧客管理や付与ポイント管理はできていませんでした。そのため、顧客一人一人の購買の頻度や購買額の管理が難しく、分析ができていなかった経緯があります。電子ギフトを利用することで顧客の属性を把握できるようになります。電子ギフトを活用することにより、顧客の情報を得ることが容易になり、それを分析することで販売に生かすことができます。

分析をもとにした施策の実施

電子ギフトの導入により顧客分析ができるようになると、さらに、利用状況に応じたインセンティブの充実、会員登録によるメールアドレスなどの顧客情報の取得、利用履歴の管理などがスムーズにできるようになります。

ほかにも、カードの利用状況やユーザーの属性に応じて、クーポンや各種キャンペーンの情報などを、メールで配信することができるようになり、顧客の囲い込みが進むでしょう。

販促活動への活用に期待

電子ギフトがあれば、利用者側もインセンティブやお得なキャンペーンを得ることができるほか、プレゼントとしても活用できます。そのため企業側にも、利用者側にもメリットがあるのが特徴的です。顧客の利用状況だけでなく、顧客の情報も把握できるようになるため、うまく電子ギフトを利用して企業の顧客拡大や販売促進に利用したいものです。

 


参考:

著者プロフィール

著者アイコン
cotoco編集部