忙しいあなたには、メルマガ登録がオススメ!
ソーシャルギフトの活用方法やキャンペーン情報をゲット!

効果的な集客や販促の情報を配信中

ソーシャルギフトを使ったキャンペーンというと世界規模のコーヒーチェーンや、大手ビールメーカーの成功例を思い浮かべるかもしれません。大企業のキャンペーンは商品の認知度とギフトを受け取る場所が多いことから成功しやすいといえるでしょう。しかし、中小企業でもソーシャルギフトを使えば、今までよりずっと簡単に販売促進キャンペーンを実施することが可能です。例えばどのようなことができるのか、そのアイデアをご紹介します。

【初級】キャンペーンの参加特典にソーシャルギフトを使う

住宅展示場や家電販売店などの来場者に対し、アンケートに回答したらソーシャルギフトをメールで進呈する、といったように、キャンペーンの参加特典としてソーシャルギフトを利用することが増えています。

従来の紙やプラスチックでできた商品券は、保管場所や在庫管理に手間がかかりました。しかし、デジタル商品券なら、保存場所を心配することなく簡単に管理できます。また、封筒に入れて宛名を貼り郵便局に持っていく手間も郵送料も必要ありません。さらに、ソーシャルギフトは、相手の住所を知らなくてもメールアドレスが分かっていれば贈ることができるので、取り扱いに注意が必要な個人情報管理も最小限ですみます。

手軽に導入できることに加えて、手間やコストを削減できることが、ソーシャルギフトを参加特典にする企業が増えている理由でしょう。その他、クレジットカードやメンバーズカードの登録特典としての利用も考えられるなど、用途は多岐にわたります。

【中級】自社商品をソーシャルギフトに出品して集客力アップ

ソーシャルギフトに自社商品を出品すると、ギフトを贈る人と受け取る人の両方に商品を知ってもらえるほか、店頭で使えるギフトであれば集客にもつながります。さらに受け取ったギフトを気に入った人が、別の人に同じものを贈るという連鎖反応も起こり、企業のファンを増加させていくことが期待できます。

ソーシャルギフトを使って集客力を上げるために、よく実施されているのが、対象商品を贈ると贈ったユーザーにも同じギフトや、特別ギフトが届くというキャンペーンです。贈った人にも贈られた人にも自社商品を試してもらうことができ、店頭で交換するものなら集客も2倍になります。特に、バレンタインデーやクリスマス、年末年始などギフトの需要が上がる時期に合わせた集客キャンペーンは、効果が見込めるでしょう。

【上級】自社商品のソーシャルギフト化で広報活動

ソーシャルギフトは、SNSのアカウントやメールアドレスが分かっていれば、誰にでも贈ることができます。ユーザーにギフトとして購入してもらうだけではなく、例えば、自社商品をソーシャルギフトとしてSNS上で影響力のあるインフルエンサーやメディアの担当者に贈るといった広報活動に使うこともできます。自社商品をソーシャルギフト化するのに、システムの開発や専用端末は必要ありません。最近では自社商品をソーシャルギフトにするところからカスタマーサポートまで、トータルで提供してくれるソーシャルギフトサービスも出てきています。ソーシャルギフトサービスを運営する企業のサポートを受けることで、TwitterのDM機能を使ってソーシャルギフトをTwitterユーザーに配布し、店舗で交換してもらうといった広いターゲットへ向けたキャンペーンが可能となります。

ソーシャルギフトはデジタルマーケティングに欠かせない存在に!

メールやSNSで簡単に商品券や引換券を贈ることができるソーシャルギフト。自社のWEBサイトと連携するなど、各企業向けにカスタマイズができるサービスも増えてきました。顧客ターゲットに向けた販売促進活動にも、メディアやインフルエンサーに向けた広報活動にも使えるソーシャルギフトで、自社商品をアピールする企業は、今後さらに増えてくるでしょう。まずは、やってみたいキャンペーンのアイデアが実現可能かどうか、ソーシャルギフトを運営する企業に相談してみてはいかがでしょうか?

参考:

著者プロフィール

著者アイコン
cotoco編集部